-利用規約-


第1条【本規約の範囲及び変更】
本規約は、「アクセス刑事Advice」の利用に関し、お客様と「アクセス刑事Advice」運営者である株式会社環(以下、「環」といいます。)との間に適用されるものとします。なお本規約は環の都合にて随時変更できるものとします。
第2条【用語の定義】
本規約で使用する用語の意味は次のとおりとします。
  1. (1) アクセス刑事Advice利用者
    インターネット上で情報を公開する方であって、本規約に同意し、環の提供する本サービスを利用する方。但しアクセス刑事Advice利用者は環が承諾した者に限ります。
  2. (2) 利用契約
    本サービスを利用するために、本規約の定めるところに従い、ID、パスワードを取得することで締結される利用者と環との契約。
  3. (3) ID
    パスワードと組み合わせてアクセス刑事Advice利用者又はその他の者を識別する為に用いられる符号。
  4. (4) パスワード
    IDと組み合わせてアクセス刑事Advice利用者又はその他の者を識別する為に用いられる符号。
第3条【本契約の運用】
  • 本規約は、本サービスをご利用いただく際の環とアクセス刑事Advice利用者との間の一切の関係に適用されるものとします。
  • アクセス刑事Advice利用者は本規約のほか環が別に本サービスに関する利用条件を提示した場合は、それらの利用条件にしたがって本サービスを利用するものとします。
  • 環はアクセス刑事Advice利用者の了承を得ることなく本規約の内容を変更できるものとし、別段の定めがある場合を除くほか、アクセス刑事Advice利用者は変更後の規約に従うものとします。
第4条【売買契約、利用契約】
  • 本規約に同意の上、環が別に定める手続きに従って本サービスの申込みを行い、本サービスを利用するためのIDとパスワードを取得した時点で、本サービスの利用契約が成立するものとします。
  • 環は、アクセス刑事Advice利用者が次の何れかに該当するときは、利用申込みを承諾しないことがあります。
  1. (1) アクセス刑事Advice利用者が、虚偽の事実を申告したとき
  2. (2) 環の業務遂行上又は技術上著しい支障があるとき
  3. (3) 本サービスを既に利用しているか、または利用したことのあるとき
  4. (4) その他、環が別途規定する判断基準に該当するとき
・ 本サービスは、正規の手続きを経て、ID及びパスワードを取得した法人または個人に対してのみ提供するものであり、この利用権を第三者に譲渡できないものとします。
第5条【アクセス刑事Advice利用者の行う分析等】
アクセス刑事Advice利用者が本サービスを利用するためにインターネット上で公開し分析しようとする各ページへの変更及び修正はアクセス刑事Advice利用者自身の責任によって行なわれるものであり、環はこれらの作業やサービスによりアクセス刑事Advice利用者もしくは第三者に発生した費用及び、損害等について一切責任を負わないものとします。
第6条【ID及びパスワードの管理】
  • アクセス刑事Advice利用者は、申請により取得したID及びパスワードの管理責任を負うものとします。
  • アクセス刑事Advice利用者は、ID及びパスワードを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買質入等をしてはならないものとします。
  • アクセス刑事Advice利用者によるID及びパスワードの管理不十分、仕様上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はアクセス刑事Advice利用者が負うものとし、環は一切責任を負わないものとします。
  • ID及びパスワードが盗用され、第三者の使用等により本サービスが停止又は本サービスで提供するシステムが毀損した場合、アクセス刑事Advice利用者は環に対し賠償責任を負うものとします。
  • アクセス刑事Advice利用者は、ID及びパスワードの盗難があった場合、ID及びパスワードの失念があった場合、又はID及びパスワードが第三者に使用されていることが判明した場合には直ちに環にその旨を連絡するとともに、環からの指示がある場合にはこれに従うものとします。
第7条【ソフトウェア】
  • 環は、アクセス刑事Advice利用者に対し、環が必要と判断したソフトウェアへのアクセス権限として、前号で定めるIDとパスワードを付与するものとします。
  • 前項に定めるアクセス権限は、環が管理するサーバー上において、アクセス刑事Advice利用者の分析結果閲覧を認める非独占的な権限とします。
  • アクセス刑事Advice利用者は、当該データの表示方法を模倣したり、目的外に使用しないことに同意するものとします。
  • アクセス刑事Advice利用者は、環がアクセス刑事Advice利用者に対しアクセス権限を付与するソフトウェアについて、一般的なウェブブラウザ等のツールを使って利用するものであり、環が利用のためのソフトウェア等を提供するものではないことに同意するものとします。
  • 環が必要と判断した場合には、環はアクセス刑事Advice利用者に告知することなく、いつでも当該ソフトウェアの内容を変更することができます。
  • アクセス刑事Advice利用者は、当該ソフトウェアの利用には注意をもって行うものとし、利用のための操作及び結果についてはすべてアクセス刑事Advice利用者が責任を負うものとします。アクセス刑事Advice利用者の不適切な操作の結果本サービスが停止又は本サービスで提供するシステムが毀損した場合、アクセス刑事Advice利用者は環に対し賠償責任を負うものとします。
第8条【計測サイトのデータの改修と復元】
アクセス刑事Advice利用者は本サービスを利用するにあたり、アクセス刑事Advice利用者のサイトのコンテンツを自己の責任また自己の負担において改修することを承諾するものとします。
第9条【個人情報の保護】
  • 環の個人情報保護(「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)を言います。)についての基本方針は別に定めるプライバシーポリシーに基づいています。
  • 前項に関わらず、アクセス刑事Advice利用者が本サービスの利用及びアクセス刑事Advice利用者のサイトの運営に関連して知りえた個人情報については、環とは独立したアクセス刑事Advice利用者の定める個人情報の保護に関する規定やデータの収集の規定によります。環は、これらの独立した規約や活動に対していかなる義務や責任も負いかねます。
第10条【収集データについての権利等】
  • アクセス刑事Advice利用者は、本サービス利用期間中、本サービスで提供するソフトウェアの利用を許諾されるものであり、当該期間中および期間満了後を通じ本サービスで提供される一切について所有権、著作権等の権利を留保しないことを承諾するものとします。また、環は登録された情報について、個人識別が可能な状態で第三者に提供しないものとします。ただし以下の場合はその限りではありません。
  1. (1) お客様の同意が得られた場合
  2. (2) 法令により開示が求められた場合
  • お客様は、「アクセス刑事Advice」から入手したいかなる情報も、複製、転載、頒布、販売、改変その他著作権侵害となるような行為はできません。
  • パケットキャプチャー方式での提供を除き、プログラムは環のサーバーに設置いたします。ソースをお渡しすることは原則ありません。
  • また、パケットキャプチャー方式によりお客様のサーバー上にプログラムを配置した場合でも、プログラム自体の著作権は環が保有し、複製、転載、頒布、販売、改変その他著作権侵害となるような行為はできません。
第11条【収集データの保持期間】
・環はアクセス刑事Advice利用者が収集したアクセスデータを最新3,000件まで保持するものとしますが、その保証についてはできないものとします。アクセス刑事Advice利用者が収集データを必要とする場合にはアクセス刑事Advice利用者がサービス利用画面にてCSV形式で保存しておくものとします。
第12条【禁止事項】
  1. (1) 不正アクセス行為の禁止等に関する法律に違反する行為
  2. (2) 個人情報の保護に関する法律に違反する行為
  3. (3) 訪問販売法、景品表示法、独占禁止法その他法令の定めに違反する行為
  4. (4) 詐欺行為、その他犯罪に結びつく行為
  5. (5) 他人の著作権、商標権等の知的財産を侵害する行為
  6. (6) 他人の肖像権、プライバシーを侵害する行為
  7. (7) 環のサービス業務の運営・維持に支障を与える行為
  8. (8) 他人になりすまして情報を送信もしくは表示する行為
  9. (9) 環と同種又は類似の業務を行う行為
  10. (10) その他、法令もしくは公序良俗に違反し、又は他人に不利益を与える行為
  11. (11) 前号のいずれかに該当する行為が見られる他人のデータ、情報等へリンクを張る行為
第13条【紛争解決】
アクセス刑事Advice利用者におけるアクセス刑事Advice利用者のサイトの運営に関し、顧客、もしくは他の第三者から環に対して何らかの請求がなされるかもしくは訴えが起訴される等の紛争が生じた場合、アクセス刑事Advice利用者は、自己の責任と費用負担で当該紛争を処理解決するものとし、環には一切迷惑をかけないものとします。
第14条【サービスの提供、変更、終了】
  • 本サービスの内容は、環がその時点で合理的に提供可能なものとします。
  • 環は、理由の如何を問わず、アクセス刑事Advice利用者に事前の通知をすることなく、本サービスの内容の全部又は一部の変更、追加及び廃止をすることができるものとします。ただし、本サービスの全てを廃止する場合には、環が適当と判断する方法で、アクセス刑事Advice利用者に事前にその旨を通知します。
第15条【代行業者によるサービス提供】
  • アクセス刑事Adviceは商業利用の方も利用できます。ホームページ作成業者などの代行業者が契約・設置を代行することも可能です。
  • ただし、ホームページ作成業者であるなしに係わらず、使用方法が当社に不都合・不利益をもたらす内容である場合や、本規約に違反する場合には、使用停止を求める場合があります。また、契約を代行した場合、本契約は代行先のアクセス刑事Advice利用者にも適用される事とします。
第16条【設備の修理又は復旧】
  • 本サービスの利用中に、アクセス刑事Advice利用者が環の設備又はサービスに異常を発見したときは、アクセス刑事Advice利用者は自身の設備に故障がないことを確認の上、環に修理又は復旧の旨を通知するものとします。
  • 環の設備もしくはサービスに障害を生じ、又はその設備が滅失したことを環が知ったときは、速やかにその設備を修理・復旧するものとします。
第17条【非常事態が発生した場合等の利用制限】
  • 環は、天災、事変、その他の非常事態が発生し、又は発生するおそれがあるときは、「電気通信事業法」第8条で定める重要通信を確保するためにアクセス刑事 2利用者に事前に通知することなく、アクセス刑事Advice利用者に対する本サービスの提供の全部又は一部を中止する措置をとることができるものとします。
  • 環は前項に基づく本サービスの提供の中止によって生じたアクセス刑事Advice利用者及び第三者の損害につき一切の責任を負わないこととします。
第18条【サービスの中止・停止】
  • 環は、前条にて定める法律上の要請の如何にかかわらず、天災、事変、その他の非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがある場合、環のシステムの保守を定期的にもしくは緊急に行う場合、または環が設置する電気通信設備もしくはソフトウェアの障害その他やむを得ない事由が生じた場合、環の判断により本サービスの全部又は一部を中止又は停止することができるものとします。
  • 前項の規定にかかわらず、環又は環が指定した者は、情報の削除義務は負わないものとします。
  • 環もしくは環が指定した者は、本条の規定に従い情報を削除したこと、又は情報を削除しなかったことによりアクセス刑事Advice利用者もしくは第三者に発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。
第19条【情報又は文章の削除】
  • 環又は環が指定したものは、アクセス刑事Advice利用者が本サービスを利用して登録し、インターネットで提供した情報又は文章が、以下の各号に該当すると判断した場合、アクセス刑事Advice利用者に通知するとともに、当該情報又は文章等を削除することができるものとします。
  1. (1) 第12条各号の禁止行為を行った場合。
  2. (2) 本サービスの保守管理上必要であると環が判断した場合。
  3. (3) その他、環が必要であると判断した場合。
  • 前項の規定にもかかわらず、環又は環が指定した者は、情報の削除義務を負うものではないこととします。
  • 環もしくは環が指定した者は、本条の規定に従い情報を削除したこと、又は情報を削除しなかったことによりアクセス刑事Advice利用者もしくは第三者に発生した損害について、一切の責任を負わないこととします。
第20条【秘密保持】
  • アクセス刑事Advice利用者は、環の書面による事前の承諾なくして、利用契約に関連して知り得た環固有の業務上、技術上、販売上の秘密情報を第三者に開示、漏洩しないものとします。ただし、次の各号に該当する情報については、秘密情報から除くものとします。
  1. (1) 開示の時点ですでに公知のもの、または開示後秘密情報を受領した当事者(以下「受領者」といいます。)の責によらずして公知となったもの。
  2. (2) 受領者が第三者から秘密保持責務を負うことなく正当に入手したもの。
  3. (3) 開示の時点で受領者がすでに保有しているもの。
  4. (4) 開示された秘密情報によらずして、独自に受領者が開発したもの。
  • 環は、本サービスを利用して蓄積されたアクセス刑事Advice利用者のアクセス履歴データについて秘密保持について努力するものとします。
第21条【環による解約】
  • 環は、アクセス刑事Advice利用者が次の各号のいずれかひとつにでも該当した場合は、アクセス刑事Advice利用者へのなんらの通知・催告を要せず直ちに本サービスの提供を一時中断し、もしくは本規約を解約できることとします。
  1. (1) 本規約の成立後に第12条各号のいずれかに該当することが判明したとき。
  2. (2) 本規約の条項に違反したとき。
  3. (3) 本規約以外の環との契約につき、アクセス刑事Advice利用者の責に帰すべき事由により環から解約されたとき。
  • 環は、前項各号にかかわらず、本規約の継続が困難と認めたときは、アクセス刑事Advice利用者に対し、本規約を解約することができるものとします。
  • 環は、事由のいかんを問わず、相手方に通知することにより直ちに本規約を解約することができるものとします。
第22条【契約終了後の処置】
本規約の終了後も第6条、第7条、第9条、第10条、第12条、第13条、第20条、第23条、第24条の各規定については、引き続き効力を有するものとします。
第23条【免責】
  • 環は、アクセス刑事Advice利用者に対し、アクセス刑事Advice利用者のサイトへのアクセス数、収益性、その他アクセス刑事Advice利用者のサイトの運営に関して被った損害について、その原因の如何に関わらずその損害を賠償する責を負わないものとします。
  • サーバー及びプログラム管理には充分な注意を払っておりますが、トラブルが発生した場合、弊社はその損害責任を負わないものとします。トラブルの際は素早い復旧へ努力致します。
第24条【無保証】
  • 環がアクセス刑事Advice利用者に対して提供するソフトウェアは、環がその時点で保有している状態で提供しており、アクセス刑事Advice利用者が予定している利用目的への適合性、ソフトウェア障害等の不具合がないことを保証するものではないことをアクセス刑事Advice利用者は承諾するものとします。また、アクセス刑事Advice利用者は、ソフトウェアの利用結果については環に対して一切損害賠償を請求しないことを承諾するものとします。
  • 環はアクセス刑事Advice利用者に対して提供するソフトウェアについてのソフトウェア障害等の不具合の修正、改良等の実施を行う義務はないことをアクセス刑事Advice利用者は承諾するものとします。
  • 環が利用者に対して提供するソフトウェアが本来の機能を有しているか否かはサービス確認をするものとします。アクセス刑事Advice利用者がダウンロードその他の方法で環のサーバーから取得したすべてのデータは、アクセス刑事Advice利用者自身のリスクにおいて利用するものとし、当該データをダウンロードしたことに起因して発生したコンピュータシステムの損害についても、環は損害賠償責任を負わないものとします。
  • 環は、本規約に記する状況においてデータの破損、損失等がないことを保証するものではないことをアクセス刑事Advice利用者は承認するものとします。また、データの損失に関するアクセス刑事Advice利用者の不利益については、環は損害賠償責任を負わないものとします。
第25条【有効期間】
  • 本規約の有効期間は、アクセス刑事Advice利用者がサービスの解約手続きを行い、完了するまでとします。ただし、第6条、第7条、第9条、第10条、第12条、第13条、第20条、第23条、第24条についてはその効力が維持されることを承諾するものとします。
第26条【準拠法】
本契約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。
第27条【協議】
本規約に定めのない事項については、環とアクセス刑事Advice利用者がお互いに誠意をもって協議し解決を図るものとします。
第28条【合意管轄】
本規約に関する訴訟については、東京地方裁判所を第一審専属合意管轄裁判所とします。
第29条【附則】
平成22年 7月1日 制定・施行